看護師のための腹痛ナビ

消化器外科領域で施工されるドレナージの目的

@ 腹腔内の不要な貯留物を体外へ廃棄する。

 

A ドレナージされたものの性状を観察したり、
 検査したりして、腹腔内の状態を予測する。

 

B ドレーンから薬や洗浄液を注入する。

 

C ドレーンから造影剤を注入して撮影し、
 腹腔内の広がりや形状、瘻孔の有無などを確認します。

 

消化器外科領域で施工されるドレナージには、
このような目的があります。

 

また、ドレーンの機能的分類もあります。

消化器外科領域で施工されるドレーンの機能的分類

ドレーン挿入の目的は、「情報ドレーン」、「予防的ドレーン」、
「診断・治療的ドレーン」がありますが、
ひとつではなく重複する場合もあります。

 

何を目的に、どこにドレーンが留置されているのかを理解して
観察することが必要です。

 

ドレーンの位置は、解剖学的に理解することが大切です。

 

解剖学的にドレーンについて理解することにより、
手術後にどういった体位で、どの部分の廃液が増えるのかを
予測し、観察できるようになります。

 

@ 情報ドレーン

 

術後の出血、滲出液などから
術後の合併症を迅速に診断するために留置します。

 

異常が見られなければ、速やかに抜去します。

 

A 予防的ドレーン

 

術後は、リンパ節郭清などで発生するリンパ液や、
創部からの滲出液が予測されます。

 

それらの液が培地となって細胞が増殖することによって、
膿瘍形成が起きたり、液の貯留自体が吻合部や縫合部に負担をかけ、
縫合不全の原因となることもあります。

 

このような創部からの滲出液による膿瘍形成や縫合不全を予防するために
ドレーンを留置します。

 

この予防的ドレーンで廃液量が減少すれば、抜去します。

 

もし、異常が見られたら、治療的ドレナージに機能を移します。

 

B 診断・治療的ドレーン

 

廃液の観察や検査によって診断し、
治療につなげるために留置するドレーンです。

 

血液や消化液、尿などの排除とともに、
体内の洗浄や薬液注入、造影検査などを行います。

腹部のドレーンの種類と解剖学的意味

・右横隔膜下ドレーン

 

右の横隔膜の直下に留置します。

 

右側臥位で低くなる部分のため、
上腹部手術時に体液が貯留しやすくなります。

 

・左横隔膜下ドレーン

 

左の横隔膜の直下に留置します。

 

左側臥位で低くなる部分のため、
上腹部手術時に体液が貯留しやすくなります。

 

・ウィンスロー孔ドレーン

 

肝臓と十二指腸間膜の背側に留置します。

 

膵臓の上(後腹膜)まで挿入することができます。
胃や肝臓、膵臓などの手術の際に挿入します。

 

・モリソン窩ドレーン

 

肝床部(肝臓下面と右の腎臓の間)に留置します。

 

仰臥位時に右上腹部で低い位置になる部分です。

 

・右傍結腸溝ドレーン

 

右の結腸の外側に位置します。

 

右側臥位で低くなる部分のため、下腹部手術時に体液が貯留しやすくなります。

 

・左傍結腸溝ドレーン

 

左の結腸の外側に位置します。

 

左側臥位で低くなる部分のため、下腹部手術時に体液が貯留しやすくなります。

 

・ダグラス窩(女性)ドレーン

 

子宮と直腸の間に留置します。

 

腹腔内でもっとも低いところです。
立位、仰臥位で液体が貯留しやすいです。

 

・直腸膀胱窩(男性)ドレーン

 

膀胱と直腸の間に留置します。

 

腹腔内でもっとも低いところです。
立位、仰臥位で液体が貯留しやすいです。