看護師のための腹痛ナビ

腹膜刺激症状が見られる主な疾患

腹膜刺激症状が出現するほどの腹痛は、
とても緊急な状態であるといえます。

 

腹部の臓器の炎症やねじれ、
血流障害が進行した結果、
腹壁の腹膜の近く神経を刺激している状態ですから
緊急であることは当然です。

 

腹部の臓器の炎症やねじれ、
血流障害が進行しているなど、腹膜刺激症状が見られたら、
緊急開腹手術の可能性があると覚えておかないければなりません。

 

・消化管穿孔

 

胃や十二指腸、腸管に穴が開くことによって、
消化管内の消化液や食べ物、便などが腹腔内へ漏れ出します。

 

その結果、腹腔内が消化液でただれ、
普段は無菌状態の腹腔内が一気にたくさんの菌が入ってしまいます。
そのため、炎症や感染が急激に起こります。

 

炎症や感染が広がり、
血液にまで菌が進入してしまうと、
敗血症という全身に炎症が広がる状態になり、
とても危険な状態になることがあります。

 

ですから、すぐに手術をして
穴の開いた部分を閉鎖、もしくは切除をし、
腹腔内を洗浄しなければなりません。

 

消化管穿孔では、消化管に空いた穴から空気が腹腔内にもれてしまうと、
腹部単純X線やCT上で、フリーエアーとしてしばしばみられます。

 

正常な状態では、
空気が混入することがない腹腔内に遊離した空気が移っている場合、
つまりフリーエアーがある場合は、
腸管に穴が開いているということが示唆されます。

 

消化管穿孔のCTは、仰臥位で撮影するため、
腹のすぐ下に空気が映ります。

 

消化管穿孔の腹部単純X線では、
立位で撮ると空気が軽いため、腹腔内の最も高い
横隔膜の下に空気が映ります。

 

・絞扼性イレウス

 

絞扼性イレウスは、腸管がねじれて腸閉塞を起こしている状態のものです。

 

絞扼性イレウスは、腸管の通過障害を起こすだけでなく、
腸に走行している血管もねじれてしまいます。

 

血管がねじれてしまうと血流障害が生じ、
腸管に血液が供給されなくなるので、
腸管は壊死し、細胞死してしまいます。

 

早期に手術をして、ねじれを解除しなければなりません。

 

・上腸間膜動脈閉塞

 

大腸全体に血液を供給する血管である
上腸間膜動脈が解離(血管が裂ける)したり、
血栓などで詰まったりすることにより、
急激に腸管が壊死に陥っていることを
上腸間膜動脈閉塞といいます。

 

すぐに血流を再開させないと、
大腸全体が虚血に陥るので、
直ちに血管手術や血管内治療が必要です。