看護師のための腹痛ナビ

腹痛の分類

腹痛として自覚される痛みには、
神経の生理によって、「内臓痛」、「体性痛」、
「関連痛(放散痛)というように分類されます。

 

内臓痛

 

内臓痛の発生機序は、進展・収縮・牽引・血行障害などによって、
内臓自体が内臓神経を介して自覚します。

 

内臓痛の特徴は、痛みの部位がはっきりしない鈍い痛み、
管腔臓器が強く連祝すると締め付けられるような痛み(疝痛)を感じる、
周期的に痛む、悪心・冷汗をともなうなどです。

 

体性痛

 

体性痛の発生機序は、腹部臓器を覆う腹膜や腸間膜、
横隔膜に炎症や刺激が及び、知覚神経(体性神経)を介して自覚します。

 

体性痛の特徴は、痛みの部位がはっきりしていること、
鋭く持続する痛みであること、
体動や圧迫によって痛みが増強すること、
腹膜刺激症状が出現することがあるなどが、挙げられます。

 

関連痛(放散痛)

 

関連痛(放散痛)の発生機序は、
強い内臓の痛みが脊髄を伝わるときに、
隣にある皮膚の神経線維を刺激し、体表面に痛みが波及するものです。

 

関連痛(放散痛)は、腹部以外にも出現することがあります。

腹膜刺激症状

腹膜刺激症状とは

 

腹膜は、消化管や腹膜臓器を取り囲んで保持しています。

 

大きな漿膜が消化管や腹部臓器にぴったりと張り付いていて、
身体の外側(腹壁側)も腹膜がぴったりと覆っています。

 

身体の外側の腹膜を「壁側腹膜(へきそくふくまく)」、
身体の内側の腹膜を「臓側腹膜(ぞうそくふくまく)」といい、
この壁側腹膜と臓側腹膜の間にできる腔を腹膜腔といいます。

 

この間には、腹部臓器や消化管に出入りする血管や神経が
体壁から臓器に向かって分布しています。

 

壁側腹膜には、知覚受容体があるため、
熱や摩擦といった物理的刺激や胃腸液などによる化学的刺激を感受します。

 

腹部の内臓に大きな外力が加わったり、
消化管に穴が開いて消化液が腹腔内に漏れ出すと、
この知覚受容体に刺激が発症して脳に伝わるため、
痛みとして感じます。

 

つまり腹膜刺激症状とは、
壁側腹膜の刺激に伴い引き起こされる症状です。

 

代表的な腹膜刺激症状は、筋性防御、反跳痛、圧痛です。

 

また、随伴症状として、腹部全体の炎症に伴い、
消化管の運動が低下し、内容物が停滞することによって、
吐き気や嘔吐、排ガスの停止などの消化器症状があらわれます。

 

代表的な腹膜刺激症状

 

・筋性防御

 

臓器の炎症が壁側腹膜にまで及び、腹部を触れたときに、
腹部の筋肉に反射性緊張亢進が起こります。

 

腹壁が板のように硬くなるので、板状硬と表現されます。

 

・反跳痛(Blumberg徴候)

 

腹壁を静かに深く圧迫して急に手を離すと
圧迫しているときよりも話した瞬間に激しい痛みを感じます。

 

この反跳痛(Blumberg徴候)は、
炎症を起こしている腹膜が急に動かされることによって起こります。

 

・圧痛

 

腹壁を圧迫したときに起こる痛みを圧痛といいます。

 

痛みの起こっている直下に病巣があったり、
疾患によっては特徴的な圧痛を示すポイントがあります。

 

このポイントを、圧痛点といいます。